Screen Timeout Widget:スクリーンOFFまでに時間をウィジェットから切替えられるアプリ

AndroidのスクリーンOFFまでの時間は設定メニューから変更できますが、選択肢が少ない、一度設定すると再度設定するのにまた設定メニューを表示しなければならず面倒と使いづらいところがあります。

「Screen Timeout Widget」を使えばホーム画面に置いたウィジェットをタップすることで、ユーザがカスタマイズしたスクリーンタイムアウト時間を適用することができます。さらに、このアプリでは3種類のタイムアウト時間を切替えることができるのです。

タイムアウト時間の表示は便宜上Short、Midium、Longに分けられています。それぞれ上部のバーで分、下部のバーで秒を指定できます。アプリの仕様上、Short<Midium<Longという時間設定にしなければなりません。

screen-timeout-widget-001.jpg

「Done」を押せば設定終了です。ホーム画面に1×1ウィジェットが表示されます。各タイムアウト時間の適用は、そのウィジェットをタップするたびに切替えることができます。トグル式で3段階のタイムアウト時間を設定できるというわけです。






posted by たっか at 10:35 | Comment(0) | 逆引きAndroidアプリ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。