そろそろHT-03Aにしようかな、と思う方のための確認事項

国内のAndroid携帯として約5ヶ月前にHT-03Aが登場しました。
HT-03Aが出たばかりのころは、「もうちょっと待ってみようか」、「次のAndroidが出るまで待ってみよう」などと、少し敬遠されていた部分も多かった思いますが、日々HT-03Aに関する情報が各メディアで大量に取り上げられていることもあって、「そろそろHT-03A(Android)にしようかなぁ」と思われる方もたくさんいらっしゃるはずです。

私は、HT-03AユーザとしてもちろんHT-03Aをお勧めするのですが、注意して欲しいことや確認しておいてもらいたいことが多数ありますので、そこら辺をご紹介したいと思います。
※あくまでFOMA端末やからHT-03Aに乗換える場合を想定しています。

・バッテリーは一日持ちません
標準で2つバッテリーが付属してくることから、docomo公認で一日フルで使うにはバッテリーの容量が足りません。

しかし、大容量バッテリーなど社外品が発売されているので、そちらを利用すればバッテリーの持ちの問題は解消しますが、その分端末が太くなってしまいます。

・文字はフリック入力が主流です
HT-03Aには物理キーボードが無いため、文字入力はソフトキーボードをタップして行う必要があります。
その入力方法も、携帯電話独特のトグル入力で行うこともできますが、フリック入力に慣れたほうが入力速度が早くなるため、HT-03Aを利用している多くの方はこのフリック入力で文字を入力しています。

・お財布ケータイではありません
Edy、DCMXなどお財布ケータイとして機能しません。
また、モバイルSuicaにも対応していません。

・有料アプリはドコモの請求にはまとめることができません
有料アプリは、Google ChechoutというGoogle独自の決済方法で支払いしますので、docomoの請求にまとめることができません。
さらに、Google Checkoutではクレジットカードの利用が主流です。別途Google Checkoutにクレジットカードの情報を追加しておく必要があります。

・Googleアカウントが必要です
HT-03Aは、メールや連絡先など端末を利用する上で重要な情報についてはすべてGogleアカウントのものを利用します。
なので、HT-03Aを利用するのであればGoogleアカウントを取得して、そのアカウントをずーっと使っていく覚悟が必要となります。

Googleアカウントは、HT-03A初期設定画面で作成することもできますし、PC上で作成することも可能です。

・iモードが使えません

HT-03Aはiモードに接続できません。なので、iモードサービスすべてにおいてHT-03Aでは利用不可となりますのでもしiモード時代に契約しておいた有料サービスなどはすべて解約しておくことをお勧めします。

iモードで利用していたサービスは、機種変更の際にdocomoのお姉さんから「すべて解約してよろしいですか?」と聞かれるので特に解約し忘れることは無いと思います。

・電話帳お預かりサービスが使えません
上記と同じ理由で電話帳お預かりサービスは利用できません。解約する必要があります。

・iコンシェル、iチャネルは使えません
こちらも上記と同じ理由で使えません。契約している場合は契約解除をしなければなりません。

・Bizホーダイに契約変更しなければなりません
FOMA端末では、パケホーダイ、パケホーダイダブルと言うパケット定額プランに申込まれている方が多いかと思いますが、HT-03AではBizホーダイ・ダブル、Bizホーダイ・シンプルのどちらかに変更する必要があります。

パケット定額プランを契約しなければパケット料金で月額何十万と請求されますのでパケット定額制を利用しなければならないこともあわせてお伝えしておきます。

・ワンセグは使えません
ワンセグチューナーは付いていません。

・テレビ電話できません
大切な彼女・彼氏とのテレビ電話をすることができません。
posted by たっか at 20:16 | Comment(1) | HT03Aの紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。