HT-03Aから機種変更した後のHT-03Aの活用の仕方

既にHT-03Aが発売されてから1年が経過しました。私がHT-03Aを購入したの葉発売されてから数日後の2009年7月14日だったのですが、それでも1年が経過し発売当時と今のAndroidの状況は大幅に変化しています。1年間国内Android事情を見てきてその違いがはっきり分かりますね。

国内においては、HT-03A以降、Xperia X10、Desire、IS01などいくつかのAndroid端末が発売され、中には海外から端末を購入してそれをメインで使っている方もたくさんいるようですが、そうなったときに困るのがHT-03Aの使い道です。

いくら古い機種だからと言ってもAndroidはAndroidです。Googleサービス、いろんなWEBサービスと連携でき、3G回線にも無線LANにも接続できます。カメラ、GPS、Bluetooth、各種センサー類も付いているので活用しない手はありません。

しかし、HT-03Aの動作性能自体、非常に低いため全てのことをHT-03Aにまる投げするのはかなり酷な話です。

そういうわけで、機種変更や端末のアップグレードによって古くなったHT-03Aは、何かの専用端末として利用することをお勧めします。
備えられた機能は多くありますが、動作性能の問題で一つの機能に絞った使い方をするのが良いと思います。

べたなことだとカメラ専用機。
カメラの画素数、起動速度、画質などはコンデジはもちろん、そのほかのスマートフォンよりも劣りますが、実用的なものには変わりありません。写真を撮影したら即WEBにアップロードする仕組みなどを構築しておけば結構活用できるものに生まれ変わるのではないかと思います。

また、録音機専用端末として利用するのも良いかと思います。ボイスレコーダー代わりです。これはEvernoteやVoice Recorderなどのアプリを使えば特に面倒な設定は必要とせずに録音機にすることができます。使い方も簡単、ひたすら録音させておくような使い方もできますね。

このように多種多様なことに対して専用機化することができるはずなのですが、気おつけた方が良いのかメイン端末で使う機能(例えば電話とか)を割り当てると結局HT-03Aがメイン端末になってしまいます。ついつい何でもやらせたくなる気持ちは分かりますが、あえてメイン機能以外のマイナーな機能に対して専用化することに絞った方が良いです。SIMカードを入れて運用してキャリアの回線にアクセスさせてしまうとそれだけでもバッテリーの減りが早くなってしまうので長時間使うためにもSIMカードは入れずに運用した方が良いですね。

結局、他の端末を購入したら文鎮化してしまうHT-03Aなので出来れば何かの機能を割り当ててあげることをお勧めします。

台所タイマーや、台所カメラなどそういう使い方でも全然かまわないと思い舞うs。ラーメンタイマーでも良いでしょう。

タグ:HT-03A android
posted by たっか at 09:43 | Comment(0) | HT03Aレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。